パース定規のグリッドを利用すれば等間隔の階段も素早く描けます。 パースに合わせて正確に描く必要がある場合は3dモデルの立方体を活用する方法がとても便利です。詳しい使い方を説明します。 point クリスタのパース定規を利用する際の機能の一つにグリッド線という機能があります。このグリッド線とはキャンパスに網目状の罫線を表示します。方眼用紙の様な見た目のキャンパスになります。グリッド線機能を用いて描画する際に様々な場面で応用させることができます。 いいえ。パースに沿った線はパースグリッドを表示してグリッドに吸着させることで等間隔で線を書けますよね。 私が希望するのは理想的な動作は同心円や平行線のガイドを等間隔に設置できることですが 現状ではグリッドを目安にフリーハンドで合わせるしかないようですね。 from. パース定規を操作しているとアイレベルが動いてしまう場合があるので、動かしたくないときはオンにしましょう。 「グリッド」は奥行き・側面・床のグリッドをそれぞれ表示できる機能です。パース配置を確認したいときに使いましょう。 二点透視図法 CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)を開くと、「定規にスナップ」というアイコンがコマンドバーの目立つ位置にあります。 「これはどういう意味なのだろう?」と頭の中に?マークが飛びます。 とりあえず検索 …