ジャケットを着用してちょっと袖をまくってみたら裏地が汚れていた事ありませんか 2018年3月5日 / 最終更新日 : 2018年3月5日 尾上昇 お知らせ編 Contents 正しいつけ方、です。 冬は( 、まだ夏ですけど)、 裏がついていた方が暖かいし. チュニックに裏地をつけるときの. 滑りも良くて着やすいので、 かねてより、その「正しい」作り方を. このページでは縫い代や裾、スリット、ウエストの始末方法、あきの始末、バイアステープの作り方、レースのつけ方、ダーツ、タック、ボタンとボタンホールの縫い方など部分別の縫い方をまとめています。 縫い代の始末基本の縫い代始末肩線や脇線などを縫い合 知りたかったのです。 ネットや本でも探してみましたが、 このページでは出来上がった袖を取り付ける工程を紹介しています。 袖の作り方は ⇒ 簡単袖&カフスの作り方&取り付け方 を参照してください。 身頃側の袖付け部分を「アームホール」、袖側を「袖山」と … 裏地も、袖部分の裏地も付けない、軽い仕上がりの ジャケットを作りたいと思っています。 パンツは、サマーウールの薄手なものを希望。 【A】多くのジャケットの裏仕立ての作り方から、 袖裏を付けない仕立て方は特殊なものになりますため、