この『面子を何よりも大事にする文化』は,永い中国の歴史の中で培われたと思うが,日清戦争の敗北で決定的になったと言う説がある.敗戦によって賠償金や領土を奪われ,列強の各国の草刈り場になったのだが,その時, 『国の面子を失う』と『国が滅びる』との教訓を得たと言うのである. どうやって中国の面子文化って「生まれてくる」のでしょうか?例えば、日本人には恥の文化があります。自分もそうですが小さいころは、親からは、「情けない」、「みっともない」、「男なら人前で泣くな」とか、ヒーローものアニメを見て 中国人のメンタリティが醸成された歴史的背景をひもといてみたいと思います。 2、中国人特有の歴史的背景 まず、日本の「面目」や「顔を立てる」といった言葉と、中国人の「面子」がどう違うか考えて … 「中国人は面子を重んじる」「中国人は面子をつぶされることを何より嫌う」「ゆえに、中国人の部下を注意するときは、みんなの見ていないところで注意しなくてはいけない」――。中国人の国民性を説明する際によく使…


中国社会における 「 面子 」 の大切さを知る 人間関係が大きな意味を持つ中国社会では、様々な人間関係トラブルもまた日常的に発生する。そこでわれわれの眼には解決困難に見える混沌とした複雑な状況を、一言で仕切る伝統的なキーワードが 「 留面子 」 ( liu mianzi 「中国では命より面子が大切」というのはよく知られた話かもしれない。ときには自分の恋人、友人、上司よりも自分自身の面子を優先するというのを聞いたことはないだろうか。その面子についての考え方は中国人の人生観、恋愛観、消費行動等に色濃く反映されている。 そして中国は4月中旬に行われた北朝鮮の祝賀に代表団を送らず、北朝鮮に対して「不给面子bù gěi miàn zǐ 」メンツをあげませんでした。 これは中国の常識的には結構重い、警告行為だと思います。 それで北朝鮮がどこまで中国に準じていくのか? 中国の黄河文明は古代の世界四大文明の一つに数えられ、また、黄河文明よりもさらにさかのぼる長江文明が存在した。 以降、現代までの中国の歴史を記す。

中国人の面子。面子【めんつ】面目。体面。人に合わせる顔。世間に対する名誉。世間に対する体裁。世間からの評価。中国人にとって面子は決して失ってはならないものである。庶民であろうと政府高官であろうと、中国人の行動原理の源は面子なのである。 「中国人の面子(メンツ)」は面子を理解するきっかけの本としてください。「中国人とのつきあいは面子が大切だよね」と誰もが言いますが、どんな時にどんな点に気をつけたらいいか、基本の基本を整理した本です。それが「網面子」、「貸し面子」、「義の面子」という3つの分類です。 中国人にとって面子とは生活のどんな状況で意識するのか見てみましょう。 端午の節句の前に大掃除 端午の節句を前に北京の「朝阳区」(Cháoyáng. 中国の歴史(ちゅうごくのれきし)、あるいは中国史(ちゅうごくし)とは、中国または中国大陸における歴史のこと。. 【ホンシェルジュ】 2019年、香港では「逃亡犯条例」の改正問題をきっかけに抗議デモが起こりました。なぜこのような反発が生じるのか、歴史を振り返りながら、デモの原因や中国との関係をわかりやすく解説していきます。 | yunyun2479(歴史好き)