left(対象セル,len(対象セル)-削除文字数) a列にある、全てのセルについて文字の左から4文字を消していくにはどうすればよいですか?こんばんは!色々方法はあるかと思います。b列に表示させるとしてb1セルに=replace(a1,1,4,"")または=substitute(a1,left(a1,4),"")という数式を 指定したセルに含まれる文字列の中から、左から指定した文字数分だけ取り出した文字列が表示されます。 また、セルに直接次のように入力しても結構です。 =left(b2,2) また他のセルにも同様に適用してみると下記のような結果となります。 文字列の右側や左側から指定文字数を削除するには 文字列操作の関数の組み合わせで実現します。.

left(対象文字列,[n文字])・・・対象文字列を左からn文字返す関数。 right(対象文字列,[n文字])・・・対象文字列を右からn文字返す関数。 len(対象文字列)・・・文字列の長さを返す関数。 . 具体的には、右側の削除はLeft関数とLen関数、左側の削除はRight関数とLen関数を組み合わせます。 左から(前から・先頭から)n文字削除する−mid関数・len関数 (2010.06.23) 右から(後から・末尾から)n文字を削除したい−len関数・left関数 (2010.06.10) 関数の前に文字を表示する−文字列連結演算子 (2010.05.21) Left【レフト】関数 Right 【ライト】関数文字列の左端から指定した文字数分の文字列を取得するには、Left【レフト】関数を使用します。文字列の右端から指定した文字数分の文字列を取得するには、Right【ライト】関数を使用します。Le 4.結果の表示. 右から2文字削除する例 解説. 左から(前から・先頭から)n文字削除する−mid関数・len関数 (2010.06.23) 右から(後から・末尾から)n文字を削除したい−len関数・left関数 (2010.06.10) 関数の前に文字を表示する−文字列連結演算子 (2010.05.21) 指定した通り、左から3文字取得できています! 今回は substring関数・left関数・right関数 について見てきました。sql内だけで文字列操作が行えるのは非常に便利ですね!ぜひ使いこなして見てください! 文字列の右側や左側から指定文字数を削除するには. n 文字削除するというよりも 文字数 – n 文字分、逆方向から残していく数式になります。 そのため左からはright関数、右からはleft関数を使用します。 なおrightb関数、leftb関数、lenb関数を使用するとバイト数での削除になります。 まとめ.