いつもお疲れ様です。イデヲです。国家資格である消防設備士の話です。 そのなかでも今回は消防設備士の甲種1類を特化して説明していきます。 消防設備士甲種1類の試験勉強をこれから始める人「甲種1類のおすすめの参考書を知りたい。 消防設備士・乙種第6類の参考書を紹介。一発合格出来るテキスト&過去問。 2018.11.11. 消防設備士全類持ち現役ビルメンが教える!消防設備士の甲種1類、甲種2類、甲種3類の受験記、資格の概要、難易度や合格率、さらに僕が受験して合格した際の勉強方法や参考書! 消防設備士、乙種第6類の試験は1年のうちに何回も受験のチャンスがあります。 消防設備士の乙種には受験資格がありません。どなたでも受験することが出来ます[…] 消防設備士、電気工事士、電気主任技術者、技術士等の資格を有する方は、申請により試験科目の一部が免除になります。その場合の試験時間は短縮になります。 なお、甲種特類試験には、科目免除はありません。 (1) 消防設備士 第1類消防設備士の勉強方法や参考書選びに悩んでいませんか?この記事では第1類消防設備士の概要、取得に向けての勉強方法や参考書選びについて解説しています。第1類消防設備士を取得すれば防災知識としても役に立ちます。第1類消防設備士を取得して知識を深めましょう。 指定なし 他の資格の受講資格. 他の指定区分の甲種消防設備士免状の交付を受けている者(【甲種設備士】) 特類においては甲種第1類から第3類までのいずれか一つ、甲種第4類及び甲種第5類の3種類以上の免状の交付を受けている者; 乙種. 甲種消防設備士免状の交付を受けている方 ※ 科目免除は、既得免状によって、申請することにより科目が免除できます。 ※ 電子申請ができる試験種類は、1日の試験で1種類のみとなります。