最後に、生ゴミ堆肥の使い方についてご紹介します。 正しい使い方をすればより効果的な堆肥として活躍してくれるはずですよ。 3-1.すぐに与えず熟成する. アイリスオーヤマの生ゴミ処理機の使い方、実際に使ってみた感想などをまとめてみました。 購入前の参考になれば幸いです。 家庭ごみの4割以上を占める生ゴミ。 ゴミ袋に入れてしまえば、「ただのゴミ」ですが・・・ 発酵、分解されれば、「すばらしい肥料」になります。 コンポストの選び方; コンポストの基本的な使い方; 1. 生ゴミをたい肥に変えるために自作でミミズコンポストをつくってみましたが、いかんせん出る生ゴミの量のほうが多いのが悩みどころでした。 そこで思い切って国内産のミミズ専用コンポストを購入したので、その組み立て方や使い方を紹介します。 容器を設置する; 容器に落ち葉・生ゴミなどを入れて、米ぬか、土を被せる; ときどきかき混ぜて空気を入れる; 2~3を繰り返してコンポストがいっぱいになったら、コンポストを取り外して土やビニールなどを被せて保温・放置 コンポストとは? コンポストとは、生ゴミや落ち葉、枯れ草などの有機物を微生物の発酵分解によって堆肥化するための道具のことをいいます。 コンポストとは微生物が有機物を分解して作った堆肥のことを言います。最近では手軽で簡単に自作することができ、生ゴミの量も減らし環境にも優しいので注目を集めています。ガーデニングの肥料としても使えるコンポストの作り方や種類などについて説明します。 使い方は、生ごみを入れ、その後土を入れることを繰り返すだけなのですが・・・ 我が家の失敗を元に大切なポイントを押さえましょう。 ① 野菜くずや卵の殻などは、できるだけ小さいほうが、早く堆肥になりやすい。 町内の人たちがコンポスト容器を使い始めたようです。 きっかけは地元の農協だったようです。 中をのぞくと、何かの塊のようなものが・・・ 2012年の9月~3月まで生ゴミなどを入れて、その後2013年9月まで コンポストを寝かせておいたそうです。 3.生ゴミ堆肥の使い方. 生ゴミ堆肥ができあがっても、まだ半生の状態です。 コンポストの使い方. コンポストの使い方.