※念のため「 音量を自動調整」は「チェックを外せば」…また「元の再生音量」の状態に戻ります。 ※ちなみに(私のiPadは、iOS10.3.2 verですが…)うちの嫁のiPhone 5sは、いまだに iOS 9.3.4 バージョンで、曲ごとの音量調整やイコライザーの設定が正しく反映されて、キチンと聴くことが … 経由の音声出力製品において、iPod側の自動音量調整は効かないんじゃないかと思います。 仕組みとして自動音量調整は、再生処理時に音量調整のタグを読み取って. Apple Musicで音量が突然大きくなる不具合の原因は“アプリ設定”に問題があるかも。iPhoneで音楽の再生音量に問題を感じる場合は“Music”アプリの設定から“音量を自動調整”をオフにしてみよう! 明るさの自動調整がなくなってる気がする んですが、これは一体? iOS11で明るさの自動調整がなくなった? iOS11にして一番最初に「いいな!」と思ったのがコントロールセンター(iPhoneの画面下端から上にスワイプして出すやつ)でした。 ほらこの通り。

普段なにげなく使用している人が多いであろうiPhoneの「ミュージック」アプリ。実はさまざまな機能が備わっているのをご存じでしょうか。「音量の自動調整」をはじめ、「音量制限」や「イコライザ」の設定など、その便利な機能を紹介します。 DiscoverProにiPhoneをUSB接続して音楽をお楽しみの方にご注意です。 iPhoneをDiscoverProに接続する度に、「音量の自動調整」ボタンがオンになってしまいます。 この音量の自動調整ですが、楽曲内の音量の大小をも平坦してしまって iTunesで音楽を聴いているとき、曲によって音量がバラバラ…ということはよくあります。しかし、それがなんとなく気持ち悪いという場合は、音量を一定にしてしまいましょう! 設定はとても簡単ですよ。 調整をするので、元の音のデジタルデータへの直接的な改変は行われません。 AirPlayで接続したときはソース側(PCのiTunesやiPhone)の音量調節は効かず、音量調節はすべてプリアンプで行うようになっていることから、「音量を自動調整」の影響も受けないと思い込んでいましたが、そうではなかったようです。

皆さんはiPhoneやiPodでiTunesで音楽を聴いているときに、音量のばらつきが気になった事はありませんか? 私はよくシャッフルで聞いたりするのですが、曲の音量レベルが小さいなと思って音量をあげたら、次の曲が大き過ぎる…なんて経験をよくしていました。 突然、iPhoneで画面の明るさの自動調節が効かなくなっちゃいました。iPhoneの画面明るさ自動調節機能はその名の通り、明るい場所や暗い場所によって画面の明るさをiPhoneちゃんが自分で調整しちゃうという優れた便利機能。この機能が使えな 反対に左へ動かせば、大きすぎない調整された音量によって曲を再生するようになります。 iPhoneのミュージックアプリで音量のバランスが気になっていたという方はぜひ設定してみてくださいね。心地いい音量で音楽を楽しみましょう。 iPhoneで音楽や動画を視聴する際に音量調節をすることが多々あると思います。しかし、この音量調節がうまくいかなくて困った事はありませんか?考えられる原因は音量調整ボタンの物理的な故障やイヤホンジャックの不具合など様々。 iPhoneでは曲に合わせて音量を自動調整する機能があるので、活用しましょう。 音楽のジャンルによって音の大きさは違います。 例えばシャッフル再生のとき、クラシックでボリュームを上げたあと、次に再生されるロックの音量が大きすぎてしまっては音楽を楽しめません。 普段なにげなく使用している人が多いであろうiPhoneの「ミュージック」アプリ。実はさまざまな機能が備わっているのをご存じでしょうか。「音量の自動調整」をはじめ、「音量制限」や「イコライザ」の設定など、その便利な機能を紹介します。