地域とタイムゾーンの設定 (公開: 2019年07月23日) 各ユーザーの利用言語、タイムゾーンに合わせてサービスを利用できるようにする為に、地域とタイムゾーンを設定します。 この資料では、どのように Microsoft Outlook 2010 およびそれ以降のバージョン目標を達成するこの世界協定時刻 (UTC)、タイム ゾーンのオフセット、夏時間 (DST) の規則、および Windows タイム ゾーンの設定などの項目の組み合わせを使用してについて説明します。 言語、日付と時刻の形式、タイムゾーンを変更するには、[ z0z_ settings] を使用します。 [言語と時刻の設定] に移動します ([設定]、[全般]、[>]、 [一般的な> の言語と時刻] >すべての Outlook 設定を表示します)。使用する言語、日付形式、時刻形式、タイムゾーンを選びます。 タイムゾーンを変えたり、言語、 Outlook Web App のタイムフォーマットを変更するにはRegional Settings を使ってください。 あなたは利用可能な言語と日付とタイムフォーマットを選ぶことが出来ます。 日付とタイムセッティングは選ばれた言語に従い、自動的に適応します。 既定のOutlook 2016の予定表は日本のタイムゾーンになりますが、海外にPCを持って行ったとき、その現地のタイムゾーンを設定することができます。Outlookのオプションの[予定表]タブを開き、タイムゾーンを設定します。

タイム ゾーンの最新の一覧を取得するtzutil Windows から: To get the most current list of time zones, use tzutil from Windows: tzutil /l オフラインのイメージの既定のタイム ゾーンを変更するには。 To change the default time zone in an offline image: